社員紹介

  • Q.ハピネスデンキに入社しようと思ったのは何故ですか?

  • A.まず、私は学生時代にカフェのアルバイトをしていたのですが、その仕事の中でもドリンクをつくる作業が一番好きだったので、ものづくりに関わる仕事がしたいと思い就職活動をしました。入社前は配電盤や動力盤のことは全く知らない状態でしたが、製品の納入実績が空港や有名な建物が多く、人々の暮らしを支える非常にやりがいのある仕事ができると思い入社しました。

  • Q.仕事で面白いと思ったことは何ですか?

  • A.自分が関わった製品が形になっていく過程をみることができることです。普段は主に作図作業をしているのですが、工場で自分が関わっている現場の製品の図面上だけではわからない部分を確認したときに、「実際はこういう風に配線されているんだな」と分かるので、仕事の面白みもありますし、やりがいもあります。

  • Q.ハピネスデンキに入ってみてどう思いましたか?学生時代との違いは何ですか?

  • A.個性的な方が多くて、面白い会社だと思います。あと私はお酒をよく飲むので、お酒が好きな人が多くて嬉しかったです。学生時代と大きく異なるのは生活リズムだと思います。通勤に少し時間がかかるので、学生時代とは違って次の日のために早く寝るようにしています。

  • Q.入社してから今までで、一番大変だったことは何ですか?

  • A.やはり入社して3ヶ月くらいが一番大変だったと思います。最初はCADの操作や図面記号や部品等、1から覚えなくてはならなかったので大変でした。今では最初の頃より任せてもらえる仕事も増えてきたので、少しは成長できたかと思います。これからも少しずつでもできることを増やしていけたらいいなと思います。

  • Q.休日のリフレッシュ方法を教えてください。

  • A.仕事後はあまり寄り道せずに家に帰るようにしているので、休みの日は買い物に行ったり、友達とご飯に行ったり仕事後にあまり出来ないようなことをしています。あとは丸一日家でのんびり過ごす日を作るようにしてリフレッシュしています。